Home » 宝石 » ルビーのパワー

ルビーのパワー

宝石の中でもひときわ目立つのがルビーの美しさだと思うのですが、そのルビーについて調べてみました。

赤色を意味するラテン語、ルベウスから名前を取ったとされています。

そしてルビーという名は古代では赤色をしている宝石すべてをルビーと呼んでいたそうです。

古代ローマでは「カルプンクルス」、ギリシアでは「アクスクラックス」というネーミングで、燃える石炭という意味でも広く愛されていたようです。

また、ルビーの本場はどこか知らない方も多いと思うのですが、その本場はインドとされています。

実は古い言い伝えにはルビーの粉を秘薬として使われていた歴史があるそうで、ルビーには様々な要素があると信じられていたそうです。

ルビーには風邪と肝臓の治療に効果があるとされていたなんて、今では考えつかないくらいの驚きがありますよね。

昔から言い伝えがあるように身につけるだけでもパワーをもらえるという言いほどでして、高級感がありますので自然と品位が備わっている感じがあります。

また、赤という色は元気を与えてくれる色としても活用されていますので、そのような効果が得れるのかもしれません。

昔からの言い伝えもありますので、一つでも持っているだけで、パワーをもらえそうですよね。

今では宝石店も増え、ブランドファンなど買取をやっているお店で販売しているものは手軽に入るルビーもありますので、ぜひ覗いてみるのも良いかもしれませんね。

ルビーの力を私もいただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>